hospital of mikawa hospital

 
 

いままでの概念を変えた入院施設「療養宿」。
利用者(患者さん)本位が原点です。

例えば、こんな利用の仕方ができます。

●うつ症状が辛くて入院治療をしたいけど…
うつ症状が辛くて入院治療をしたいけど、精神科病院におけるさまざまな規則が煩わしく、それがストレスになってしまう方。ここ「療養宿」は、自由入院の出来る施設です。本人の自由な意志で入退院ができ、また入院中の生活リズムも患者さんの意志が尊重されます。
●親子入院ができます。
子供一人では入院ができない状況の場合には、親子入院ができます。子供が安心して入院治療をうけられるだけでなく、親子関係の面で問題を抱えている場合には、その改善・治療に効果的な入院方法です。
●整形領域の治療・リハビリに。
骨折治療後どうも思わしくない、腰痛や関節痛が辛い。このような整形領域の治療の場合、一般の病院にはなかなか入院しづらいものです。そんな方にここ「療養宿」での入院治療をお勧めします。まるで民宿に滞在しているような感じで、ゆっくりと自分のペースで治療に専念できます。
●術後の回復期の静養に。
例えば大腸や胃などの手術をした場合、通常3〜5日程で退院されるのが一般的です。でも患者さんによっては、この術後の回復期が不安でもありゆっくり静養したい場合があります。ここ「療養宿」は、このような術後の回復期の療養やリハビリに最適な環境を提供しています。
●一時的な避難入院として。
特に、雪が多い地域など自然環境の厳しい所で生活されている高齢者の方々は、冬場の生活維持には大変な苦労が伴います。ここ「療養宿」は、このような方々が安心して健康維持ができるようにと、避難入院的なご利用も受け入れています。

「素敵な開業医の想いに出会える動画と対話のサイト」で、診療や患者さんへの「想い」を語っています。ぜひご覧ください。

Doc2.gif

「ドキュメンタリー映像11」(大阪毎日放送)で、当院の診療が放映されました。番組へのリンクはこちらです。



DVDbanner.jpg

医療法人 見川医院
〒325-0301
栃木県那須郡那須町湯本212番地

電話:0287-76-2204
Fax: 0287-76-2640