column of mikawa hospital

「人をまるごと癒す」ために


 人と会って、癒しと安心を抱いてもらうことができたら、それが医療の本道なのではないでしょうか。私は、そんな医者でありたくて、この道を選びました。たしかに医療は、現代科学に基づいて病気の治療をしていくことにより、人の健康と幸せに貢献するものです。でもそこに、人の気持ちや思いやりの心が欠けてしまったら、科学的には正しい医療であっても、患者さんにとってはけっして安心や満足のいく良い医療とは言えないのではないでしょうか。患者さんの気持ちを十分に汲み取って行う医療行為、それを私は「医術」と呼びます。

 医術は、温かい思いやりの医療です。病人やその家族は、心も身体も苦しさで縮こまり冷えきって、心の中の思いや考えも凝り固まりがちになってしまいます。その冷えきった心や身体が温まり緩んで、安心な雰囲気の中で、人間の自然治癒力が働き出し、科学的な薬も良く効くようになって、病気が治りやすくなります。
 また医術は、親身になって診ていくことでもあります。親身、患者さんの親の気持ちになって診ていくと、診療での言葉かけや治療の仕方、薬の使い方までもが通り一辺倒なものではなくなります。ときには、優しいだけでなく厳しくできるのも、親の気持ちで治療にあたるからこそのことです。

 見川医院の提供する医療は、病気を人の苦しみとして捉え、その苦しみが少しでも軽減するように医療スタッフは自然体で温かく接しています。安心と人の尊厳の回復、そして、笑顔と自信が復活できるように治療を進めていきます。心の病気であれ、身体の病気であれ、治療の基本は「人をまるごと癒す」ことです。そして時には、病気から学び魂の成長をお手伝いさせていただくことも大切であると考えています。
 だから、医術、です。

kotoba.jpg人類が
他の生物に誇れる
唯一のものは
英知ではなく
思いやりの心である

初代院長 見川泰山

「素敵な開業医の想いに出会える動画と対話のサイト」で、診療や患者さんへの「想い」を語っています。ぜひご覧ください。

Doc2.gif

「ドキュメンタリー映像11」(大阪毎日放送)で、当院の診療が放映されました。番組へのリンクはこちらです。



DVDbanner.jpg

honjitsu-s.jpg


石川サブロウ先生が見川医院の漫画を
書いてくれました。

本日は休診

→第1話(PDF)
 第2話(PDF)
 第3話(PDF)
 第4話(PDF)
 第5話(PDF)
 第6話(PDF)


医療法人 見川医院
〒325-0301
栃木県那須郡那須町湯本212番地

電話:0287-76-2204
Fax: 0287-76-2640